見栄は恥だがtactical

アヒー女の憂鬱

まとめ記事 ダイエット 食べ物・飲み物

小腹が空いた時の味方!!ダイエット中でも安心して食べられる間食・おやつまとめ

投稿日:

ダイエットをしている時って、どうしても小腹が空いてしまったり、時には「お腹が空きすぎて、夜も眠れない!」なんてこと、ありませんか?

適度な節制は重要ですが、それが返ってストレスになってしまったり、長続きしない原因になっているようであれば、そのダイエットは良いものとは言えないかもしれませんね。

「おやつ」と聞くとダイエットの敵というイメージですが、そんなことはありません。

物を選んで正しい向き合い方をすれば、ダイエットの辛さを軽減してくれるだけでなく、栄養補給ができたり、ダイエットを長続きさせるための素晴らしいパートナーとなってくれるでしょう。

このページでは、ダイエット中でも食べられる間食・お菓子・おやつをまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

栄養調整食品

おすすめポイント

お菓子のようなおいしさを持ちながら、ちゃんと栄養素が含まれている

5種のビタミン、カルシウム、鉄、食物繊維を配合

しっとりおいしいフルーツケーキタイプ

そもそも栄養補助食品とは「食欲がない時にも手軽に摂れる栄養価の高い食べ物」という意味合いで登場したのですが、最近はお菓子感覚で楽しめる物も増えてきましたね。

この場合で言う「栄養価が高い」というのは、悪く言うと「ご飯の代役になり得る=太る」ということです。そのため、通常のおやつとは向き合い方を変えなくてはなりません。

ダイエット中となると摂取するカロリーはもちろん、ビタミンやミネラル、食物繊維なども総じて摂取量が減少してしまうことが多いため、間食するならそれらを補えた方が絶対に良いわけです。

そんな時に栄養補助食品は頼もしい味方となってくれるでしょう。糖質と脂質だからけの間食を摂るよりも、ずっと健康的で効果的なアイテムになるはず。

 

素焼きアーモンド

おすすめポイント

ビタミンE、フラボノイドによる抗酸化作用に期待できる

美容効果や健康効果をもたらしてくれる嬉しいヒーロー的な存在

アーモンドと言えば、一時期(今もかな?)その効果の高さが絶賛されて、コンビニなどでも取り扱われる超メジャーな食品となりましたね。

私の周りでは栄養成分表を見て「普通にカロリー高いじゃん!」と言うことで敬遠する女子も多く、あまり人気がない食品のようにも思えるのですが、そんなことは一切ありません。

100g換算で600kcalという部分だけを見ている人に言いたいのは「素焼きアーモンドで100g摂るのって結構難しいよ?」ってことです。素焼きアーモンドは1日20粒程度が制限摂取量となっていて、そのカロリーは約120kcal程度なんですよね。

個人差があるとは思いますが、私の場合はつまんでるうちに飽きてきて「食べ物自体、もういいや」ってなります。

アンチエイジング効果に期待できるので、外観的な肌荒れ対策にも効果があり、血管年齢など身体の内面から若々しくなることもできますよ。

 

素焼き カシューナッツ

おすすめポイント

ミネラル類が豊富に含まれている

貧血予防、むくみ防止、疲労回復効果などに期待できる

前項で紹介したアーモンドと似た存在のカシューナッツ。実はアーモンドと比べて、含まれている栄養価などに大きな違いがあります。

アーモンドは主にアンチエイジング効果に期待ができますが、こちらのカシューナッツには貧血予防、むくみ防止、疲労回復効果などが期待できます。

比較的、素材そのものにも甘みがあるので、同じ素焼きでもアーモンドに比べるとこちらの方が食べやすく感じるという人も多いんじゃないかと思いますね。

ちなみに、意外と高カロリーである点についてはアーモンドと一緒なので、食べ過ぎにはくれぐれも注意してください。

 

ヨーグルト

おすすめポイント

脂肪ゼロ・砂糖不使用の生活習慣ヨーグルト

ガセリ菌SP株による、内臓脂肪を減らす機能に期待できる

1個あたり35kcal

ヨーグルトと言えば、健康にも美容にも優れているスーパー食品です。綺麗に、そして健康的に痩せたいと思うのであれば、これを使わない手はありません。

この「恵 ガセリ菌SP株ヨーグルト」は、内臓脂肪を減らす効果が期待できるようで、公式ホームページによると「1日1個、12週に渡って摂り続けた結果、腹部内臓脂肪面積の減少に効果が見られた」とのことです。

1個あたりのカロリーも低く、それでいて内臓脂肪が減らせるのですから、ご飯を一口や二口我慢して本製品に置き換えるというのも有効ではないでしょうか。

飲料タイプもありますが腹持ちの良さが変わってくるので、間食目的であればヨーグルトタイプをオススメします。

 

ドライフルーツ

おすすめポイント

果物本来の栄養価はそのままに長期保存が可能

ヨーグルトに入れたりパンに合わせたりなどのアレンジが豊富

元々は自然界で果実として存在している物なので、おやつには最適なのがドライフルーツです。

通常の果物よりも長期保存ができますし、食べごろなどに惑わされることもなく、自身のタイミングで「好きな時に、必要な分だけ」食べることが可能と言っていいでしょう。

ダイエット中には不足しがちなビタミン類を効果的に摂取できることが多く、美味しく食べて美容効果を得られるというのが強みですね。

味のしないヨーグルト(低脂肪系)を購入して、それにトッピングするのもオススメ。腸内環境を整えながら、美味しくダイエットできるようになるというのも魅力の1つです。

 

高カカオチョコレート

おすすめポイント

健康面でも医学界から注目を浴びている高カカオチョコレート

女性に嬉しい「冷え性・肌荒れ・便秘」などの改善効果が期待できる

イメージ以上に太りにくいおやつ

チョコレートと聞くと真っ先に太ってしまいそうなイメージがありますが、高カカオチョコレート(あまり甘くない、むしろ少し苦いやつ)は健康維持にも効果的だと言われています。

現時点で認められている効果を並べるだけでも、食後の血糖値の上昇を防いだり、歯周病菌を減らして口臭予防に役立ったり…。

その他にも高血圧や冷え性、肌荒れ、便秘などにも効果があると言われています。カカオにはポリフェノールと食物繊維が豊富に含まれているからですね。

選ぶ基準はカカオ分が70%であること。そしてそれを1日に25gというのがベストのようです。

25gと言えば少なく感じてしまいますが、どうしようもないくらい小腹が空いた時に口に入れられる強みは偉大と言っていいでしょう。苦いとは言えチョコレートですし、気持ちも楽になりますよ。

 

0kcal ゼリー(寒天ゼリー・こんにゃくゼリー)

おすすめポイント

カロリーゼロで糖類ゼロ

つるんっとした食感のゼリーの中に、コリコリッとした食感のナタデココ

本製品は人工甘味料のアスパルテームが使用されていますが、そこに思うことがなければ、ダイエットで絶対に活用した方がいいと思えるのがゼリーです。

okcalの商品が非常に多く、味のバリエーションも豊富なので、飽きずに続けられるというのが大きいですね。それに、ゼリーが嫌いな人ってそんなにいないでしょうし…。

カロリーゼロ&糖類ゼロなので、ダイエット中でも罪悪感なく食べられるのが大きな魅力と言っていいでしょう。ちょっと物足りないと感じた食後のデザートとしてもオススメ。

 

グミ

おすすめポイント

ローカロリーで楽しめる甘い(あるいはしょっぱい)おやつ

果汁グミならビタミン、ハードグミなら満腹感が得られる

「1度に食べ過ぎないこと」という前提を守れるのであれば、グミほどダイエットに効果的なおやつも中々見当たらないでしょう。

適度な弾力、噛み応えがあるので、ほんの1粒だったとしても想像以上の満腹感が得られます。そして、カロリー自体は他のお菓子類と比較しても、意外と低いんですよね。

ただし、糖分を含んでいるものが多いため、カロリーの割りには「たくさん食べてしまうと血糖値の上昇を招き、太りやすいという側面もある」という事実を忘れてはなりません。

それでも、他のお菓子類と比べても果汁100%の物は安心して食べられますし、ダイエット中の心強い味方になってくれるはずですよ。

 

干し芋

おすすめポイント

明るい外観と強い甘みが人気の茨城県産干し芋

添加物・保存料不使用

さつまいもを干しただけの食品なので、健康志向が強い人でも手軽に安心して食べられるのがコチラの干し芋です。

干しただけとは言っても、その過程でさつまいも本来の甘みがギューッと凝縮されているので、口に含んだ瞬間にぱぁっと広がる甘さは、クセになるほどの美味しさと言っても過言ではありません。

自然本来の甘みが感じられて、食物繊維が豊富なため便秘解消に効果があります。ダイエット中はただでさえ食物繊維が不足しがちになってしまうので、これだけでも嬉しいですね。

腹持ちも良いので、ちょっと物足りない時に一切れ食べるだけでも、満腹感が得られるようになるでしょう。

 

あたりめ

おすすめポイント

風味豊かなイカの旨味

低糖質・高タンパクな商品

少量で満腹感が得られる

最近は砂糖を使わずに人工甘味料などを取り入れた食品も多く、意外とダイエット中でも甘いものには困らないことが多いような気がします。

一方で「しょっぱいもの」となると、なかなか難しいんですよね。お煎餅なんかも太りやすいですし、ポテトチップスなんてもってのほかです。

そんな時に私が好んで食べているのが「あたりめ」です。保存が利くので、1度購入すれば長期にわたってちびちび楽しむことができますよ。

噛み応えがあるので、たくさん噛んでいるうちに満腹感が出てくるというのもメリットの1つです。

 

酢昆布

おすすめポイント

昔から変わることの無い安心のベストセラー商品

食物繊維・カルシウムがたっぷりな北海道産こんぶを使用

1箱15gあたり27kcal

マグネシウムや鉄分などのミネラル類が豊富な食べ物と言えば「海藻類」ですが、そのなかでも間食と非常に相性が良いのは昆布ではないでしょうか。

口に含んでいるだけでも口さみしさが紛らわせますし、唾液が出ることによって見た目以上に満腹感が得られるのも嬉しい効果の1つです。

すぐに食べ終わってしまうような物とは違い、1箱で長時間楽しめるというのも酢昆布のメリットと言えるでしょう。

「酸っぱいおやつが食べたい!」という人には文句無しにオススメです。

 

最後に

今回ご紹介した「ダイエット中でも食べられる間食・お菓子・おやつ」は、向き合い方によってダイエット効果以上に、健康的に重要な存在となってくれるでしょう。

糖質や脂質だらけのスナック菓子などを食べるよりは、ずっと嬉しい効果が得られる物ばかりなので、ダイエットに励みたいという人はぜひ取り入れてみてください。

アドセンス

アドセンス

-まとめ記事, ダイエット, 食べ物・飲み物

Copyright© アヒー女の憂鬱 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.