見栄は恥だがtactical

アヒー女の憂鬱

ランキング 食べ物・飲み物

チョコレート好きは歓喜!!美味しくておすすめのチョコ菓子ランキング

更新日:

甘党にとっては欠かせない存在、それがチョコレートです。私はダイエット中以外は、毎日何かしらのチョコ菓子を食べています。

そんな私がこれまでに食べてきたチョコレートの中から、美味しくておすすめのチョコ菓子をランキングにしてみました。

チョコ菓子が好きな人は普段用のおやつに、あるいはパーティー用に検討してみてください。

スポンサーリンク

アドセンス

第30位 リスカ 日本一ながーいチョコ

チョコとパフのバランスが秀逸

長くて食べごたえあり

昔は駄菓子屋さんで見かけることが多かったのですが、最近は駄菓子屋さん自体も少なく、スーパーなどの駄菓子コーナーでは、陳列上の問題からか見かけることが少なくなりました。

よくスーパーBIGチョコと比較されることが多いと思いますが、こちらは袋から出した部分が一口で食べられるので、女性に嬉しいサイズです。

「本当に日本一長いのかな?」という話題でも盛り上がれるのでおやつパーティーの時にも用意しやすいチョコ菓子だと思います。

 

第29位 ロッテ コアラのマーチ

説明不要のロッテの名作

知らない人はいないんじゃないかと思えるほどの超ロングセラー商品。

「昔と比べて味が変わった!」「昔よりもチョコが少なくなった!」という人も少なくありませんが、やはり数あるチョコ菓子の中でも定番的な商品であることは間違いありません。

ちなみに商品とは全く関係ないけど、コロチキの西野さんとコアラのマーチってなんか似てる気がする…。

 

第28位 ロッテ ZERO

砂糖ゼロ、糖類ゼロなのに美味しい

砂糖ゼロ、糖類ゼロと言われると「いくら食べても太らないのかな?」と思ってしまう人もいるのではないかと思いますが、1本あたりの糖質は3.9gでカロリーは48kcalです。

ただしチョコレートにしては低カロリーなので、ダイエット中にどうしてもチョコレートが食べたくなった時は重宝するのではないでしょうか。

味は砂糖を使っていないとは思えないくらい美味しいです(恐るべし人工甘味料)。

 

第27位 グリコ LIBERA

脂肪と糖の吸収を抑えるチョコレート

一方でこちらは、難消化性デキストリンが使用されているチョコレートで、脂肪と糖の吸収を抑えてくれる働きがあるチョコレートです。

「ダイエットしてるけど、どうしても甘いものが食べたい!」という時の強い味方と言えるでしょう。

パッケージあたりの金額はトクホ飲料のように高いわけでもなく、味も普通のチョコレートに劣っていません。

 

第26位 ロッテ 乳酸菌ショコラ アーモンド

女性人気に火がついて、一躍スターダムへと駆け上がった乳酸菌チョコレート。通常verよりも食物繊維が一緒に摂れるコチラのタイプがオススメです。

実際に乳酸菌としての効果があるかどうかはさておき、美味しく乳酸菌が摂れるというだけでも価値があります。

さすがにチョコレートとヨーグルトなんて合わせ技をしてしまうのは気が引けるので、そんな時にもオススメ。

 

第25位 グリコ GABA

メンタルバランスチョコレート

手を汚さない小粒キューブタイプ

リラックス成分であるGABAが配合されていて、一説によると「ストレスを低減してくれる効果」があるそうです。

私は職場で苦手な上司と一緒に昼休憩に入らなきゃいけない時に、これ見よがしに食べていました。…ストレスは低減されたのかなぁ。

プラセボ効果のような気もしますが、話のタネになると思いますよ。

 

第24位 不二家 LOOK

1962年生まれのロングセラー商品

1つのパッケージで4種類×3個のチョコが楽しめる

ストロベリーチョコは溢れるほどあるのに、バナナチョコは意外とないんですよね。

そんなバナナチョコだけでなく、複数の味のチョコが楽しめるLOOKは根強い人気があってオススメです。

1つのパッケージの中で苺の酸味やバナナの甘み、コーヒーのほろ苦さなどが味わえるのが大きな魅力の一品。

 

第23位 スニッカーズ ミニ チョコレート

通常のスニッカーズよりも小さくて食べやすい

とにかく甘いチョコ&ナッツ&キャラメル

バー状になっているスニッカーズだと多く感じるのは私だけではないはず!?そういう人にはコチラのミニサイズがオススメ。

ナッツとキャラメルの食べごたえはそのままに、飽きがくる前に抵抗なく食べるのをやめられるというのが魅力です(バーだとちょっと残すのに抵抗があったりして、飽きててもういいのに食べちゃうことがある)。

 

第22位 グリコ ジャイアントカプリコ

でっかいおいしさ!

エアーインチョコの定番&ロングセラー

抜群の食べごたえはもちろん、コーンの部分がかじった時に飛び散ってしまう鬱陶しさも含めて、このチョコ菓子の魅力だと思います。

1個まるまる食べてしまうと約200kcalなので罪悪感があり、保存のしにくさも罪な奴。

スーパーでも売ってない場所は見かけないと思いますが、他の物と一緒に買ってしまうと潰れてボロボロになってしまうリスクが高いので、そういう時にも通販は便利です。

 

第21位 ブルボン アルフォート

チョコとビスケットの相性が抜群

今や定番の人気商品

2003年に初めて登場し、その時は「すごい美味しいチョコ菓子見つけた!」と騒いでいたのを覚えています。もう15年以上経つのかぁ…。

難癖を付けるなら「一口サイズと言う割りには少し大きい」とか「ちょっとでも溶けてると手が汚れちゃう」という不満もありますが、その辺を考慮しても抜群のクオリティだと思います。

上記のノーマルver以外にもバニラホワイト、ブラックなどのバリエーションもあり、チョコに描かれた船の絵もオシャレ。

 

第20位 明治 メルティーキッス

雪のようなくちどけ

ココアの苦みとミルクの甘みが絶妙なバランス

味は文句無しに美味しいと思うのですが、割高感がハンパありません。

一口大のショコラが1つずつ袋に梱包されていて有難い反面、大きい箱を開けた時に「これしか入ってないの?」と驚く人も多いのでは。

このCMが流れると「あー、今年も冬が来たなぁ」って思います。

 

第19位 森永製菓 白いダース

濃厚な味わいが堪能できるミルクチョコレート

12個入りで、ほど良いサイズ

たまに無性にホワイトチョコレートが食べたくなることってありませんか?そんな時、私はダース一択です。

とにかく濃厚な味わいがたまらなく魅力的で、サイズも大きすぎず小さすぎず。

ミルクもオススメですが、ミルクは他のチョコでも代用できるかなという感じで、ホワイトチョコは唯一無二です。

 

第18位 キットカット for cafe

コーヒーとの相性に特化したキットカット

スーパーやコンビニ置いていない

小袋に分かれていてミニサイズ。外食向けに開発された特別なキットカットだそうです。

ほど良い甘さがコーヒーと合うようにして作られているので、3時のおやつやティータイムに持ってこい。キットカットが好きな人はぜひお試しください。

 

第17位 ブルボン シルベーヌ

ふんわり食感のチョコケーキ

洋酒を使用していて、スポンジのしっとり感もクセになります。

1箱に6つのチョコケーキが入っていて、1個あたりのカロリーが102kcalなので、おやつの時にも食べやすいのではないでしょうか。

個人的には、下手なコンビニスイーツよりもコストパフォーマンスが優秀なチョコケーキだと思っています。

 

第16位 ロッテ トッポ

最後までチョコがたっぷりのプレッツェルインチョコ

この手のロングセラー商品には、時間経過と共に「少し小さくなった」「チョコの量が減った」と言われる商品も少なくありません。

しかし、トッポに関しては全く別。登場した当初から最後の最後までチョコが入っていて、その姿勢は今も変わっていないんです。

食べたら「やっぱこれだねぇ~」と言いたくなる王道のチョコ菓子と言っていいでしょう。

 

第15位 ロッテ ガーナリップル

ガーナミルクチョコレートが食べやすい形状に

赤いパッケージの『ガーナミルクチョコレート』と味は多分一緒です。

でもこちらの方が一口サイズで食べやすく、形状もハート型のようになっているので食感のアクセントが楽しめるようになっています。

通常のガーナミルクチョコレートよりも、なぜか美味しく感じてしまう…。そんな不思議体験ができるチョコです。逐一冷蔵庫に入れないと手が汚れてしまうのが難点。

 

第14位 ハーシーズ キスチョコ

食べても食べても無くならないほどの大容量

食べやすい一口サイズ

いかにもアメリカのミルクチョコレートという感じの味わいに賛否があるかもしれませんが、非常に食べやすい一口サイズのチョコです。

日本のチョコレートと比べるとまったりとしているものの、サイズが小さいこともあってしつこくないので「アメリカのチョコは苦手」という人でも比較的食べやすいのではないかと。

とにかく大容量なので、1人で消化するというよりは会社の休憩室に置いておきたい感じですね。周りに配っても喜ばれると思います。

 

第13位 ロッテ たけのこの里

明治が誇る大人気チョコスナック

毎年必ず1度はやるルーティーンとして「きのこ派?それともたけのこ派?」という会話がありますが、私は断然たけのこ派です。

クッキーの食感も美味しくて、チョコとの相性も抜群。なんならたけのこの里に住民票とか移したいくらい。

 

第12位 ロッテ チョココ

チョコレートでコーティングされたビスケットのサクサク感が美味

しつこくない甘さとサクサク感がクセになるチョコビスケットの最高峰。

せっかく1つずつ小袋にしてくれているのに、ついつい手が伸びてしまって食べるのを止めるタイミングが見当たらないというのもすごいと思います。

白い恋人やラングドシャが好きな人なら間違いなくハマるはず。

 

第11位 フルタ セコイヤチョコレート ミルク

サクサクのウエハースが魅力

1976年から親しまれているロングセラー商品。

サクサクのウエハースとチョコレートのバランスが絶妙で、長きにわたって支持されてきたのも納得の味わいです。

どこか懐かしい味わいも魅力的で、サクサクの食感が好きな人にオススメ。

 

第10位 リスカ しっとりチョコ

重量感のあるしっとりした一口サイズのチョコ

見た目的に月のようなボコボコした表面なので「エアーインチョコかな?」と思って手に持つと、その重量感に驚くでしょう。

非常に濃厚な味わいで甘すぎず、コーンとチョコの相性が非常に良いです。

アイスのピノのような感じで、たまに形の違うチョコが入っているのも面白くて粋な演出だと思います。

 

第9位 ロッテ 紗々

2種類の線状のチョコの味わいが唯一無二

非常に上質な味わいで知られる紗々。特筆すべきは、その唯一無二と言ってもいいくらいの味わいです。

各メーカーが似たような商品を出す中で、この紗々だけは真似をしている商品がないように思います。

パリッとする繊細な歯応えと、くちどけの良さ。ミルフィーユのような手間の掛かっている構造が演出する食感はクセになるでしょう。

 

第8位 グリコ ポッキー 大人の琥珀

パッケージとしても非常に気品が溢れている特別なポッキーです。

ウイスキーとの相性に焦点を当てて作られたとのことですが、このまま食べても「THE 大人のお菓子」という感じがして、すごく上品な味わいです。

ちょっと価格の高さがネックですね。チョコ好きなら1度は食べてみてください。

 

第7位 チロルチョコ バラエティパック

5種類ほどのチロルチョコが1つのパッケージで堪能できる

チョコの定番と言えばチロルチョコ。こちらは1つのパッケージに27個(たまに増量したりする)入っているタイプです。

バラ売りだと「店員さんがレジ打ちするのに手間になりそう」と考えて、あまり買えないという人は結構いるのでは?そんな人でも少し割安で多くのチロルチョコが買えちゃいます。

ちなみにパッケージはすごくカラフルですが、中に入ってるのは5種類くらいなので、その種類の中に「これはちょっと…」と思うものがなければオススメ。

※コーヒーヌガー、ビス、いちごゼリー、ミルク、ホワイト&クッキーの5種

 

第6位 グリコ ポッキー 極細

「チョコ菓子と言えばグリコのポッキー!」という人も多いのではないでしょうか。

プレッツェルのサクサク感とチョコの甘さが絶妙で、味の種類も豊富。それでいて1箱の中でも2袋に分かれていて、食べる時に手も汚れない…。完璧です。

個人的には、そのポッキーの中でも特に食べやすさの観点から極細が1番オススメ。

 

第5位 有楽製菓 ブラックサンダー

美味しさ稲妻級

ココアのほろ苦さとチョコの甘さが見事にマッチ

ブラックココアクッキーとハードビスケットとチョコレートが見事なまでに融合しているチョコ菓子。ザクザク感がたまりません。

「普段は好き好んで、甘いものを食べない」という男性からも支持されているという究極のチョコ菓子と言っていいでしょう。

ついつい2個、3個と手が伸びてしまいますが、1個あたりのカロリーが100kcalオーバーなので食べ過ぎには注意。

 

第4位 FERRERO ROCHER(フェレロ ロシェ)

ヨーロッパ最大のお菓子メーカーイタリア「フェレロ社」のチョコレート

ヘーゼルナッツ、ウエハース、チョコのコラボが絶品

見た目的にも非常に高級感が溢れるパッケージ。「岩」を意味するフランス語が語源らしいですが、それは見た目だけで中身は洗練されたチョコレートという印象です。

容量もそれなりに多く、1粒ずつに分かれていることを考えれば、そこまでの割高感もありません。

職場や学校で周りの人たちにおすそ分けをするのにも重宝するでしょう。

 

第3位 ROYCE' 生チョコレート オーレ

食べやすい一口サイズ

あっと驚くほどの口どけが魅力

個人的には、友人が北海道に旅行に行くということがあれば「ロイズの生チョコレートか白い恋人を期待してしまう!」というくらい、ロイズの生チョコが大好きです。

非常に上品なやさしい口当たりで、数ある生チョコの中でも正統派と言っていいでしょう。

 

第2位 ロッテ 霧の浮舟

1980年生まれで、一度販売停止してから復刻を遂げたレジェンド

2018年の2月をもって生産停止

私にとっては昔から非常に馴染みのあるエアーインチョコ。イメージとしては「喉に引っ付かないクランキー」というようなイメージです。

私を含め、私の周りには多くのファンがいるのですが、過去に一度生産停止。その後でユーザーの要望に応えて復活したという経緯があります。

ただし残念ながら2018年の2月で生産が再び終了してしまいました。食べたことが無い人は在庫があるうちにGO!

 

第1位 寺沢製菓 ミルクチョコレート

simple is bestの究極系

1つ1つが食べやすいサイズで、味も無駄がない美味しさ

1粒1粒がセロハンで包装されているので、手を汚さなくて食べられますし、女性には嬉しい一口サイズです。

私は飽きがきにくいシンプルなミルクチョコレートだと思っていますが、こちらは業務用サイズで量が多いので、職場や学校で分け合ってもいいと思います。

1つ当たりのサイズも小さいので、チョコ菓子作りのアレンジにもオススメ。

 

売れ筋ランキング

最後に

今回ご紹介したのは、市販されているものや業務用を含めて、私たちが目にしているチョコ菓子のほんの一部ですが、どれも美味しいチョコ菓子ばかりです。

「久々に食べたくなった!」「これ食べたことない!」という商品があった方は、ぜひ食べてみてください。

アドセンス

アドセンス

-ランキング, 食べ物・飲み物

Copyright© アヒー女の憂鬱 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.