見栄は恥だがtactical

アヒー女の憂鬱

シボヘール

シボヘールの絶大な効果の裏に隠れた副作用が気になる

更新日:

お腹周りの脂肪を減らすことに絶大な効果を持っている「シボヘール」ですが、その高すぎる効果ゆえに「副作用」が気になるという人も多いのではないでしょうか?

私自身は「売られてるんだから平気なんじゃないの?」という感じであまり気にしない人間なのですが、シボヘールを使用して3ヶ月目に入ったあたりで、あまりにも面白いようにお腹周りの贅肉が取れていくので、思わず副作用を調べたという経緯があります(笑)

せっかく痩せても、最終的に「体に良くないものが入っていた!」なんてことにはなりたくないですよね。というわけで今回は、シボヘールの主成分や原材料を徹底調査し、副作用の有無について書いていきたいと思います。

シボヘールは機能性表示食品です

まず始めにお話ししておきたいのですが、シボヘールは機能性表示食品です。機能性表示食品とは「安全性はもちろん、その機能性が科学的な根拠に基づいたものであることを証明された食品」のことです。

つまり、本当に効果があるのかどうか不明で怪しいサプリメントとは違って、ちゃんと安全性とその機能性が保証されている商品ということになります。

【関連記事】

シボヘールに見る機能性表示食品のすごさとは?

 

シボヘールの主成分・原材料を紐解く

  • 還元パラチノース
  • 葛の花抽出物
  • セルロース
  • ショ糖脂肪酸エステル
  • 二酸化ケイ素

シボヘールの主成分・原材料は上記の5点です。詳しくは別記事にまとめてありますが、簡単に説明すると「お腹の脂肪を減らす効果があるのは葛の花抽出物で、それ以外の成分は葛の花抽出物の成分が変質しないようにしたり、錠剤が割れたりしないようにしている」と言っても良さそうです。

還元パラチノースは甘味料の一種で、おそらく錠剤を飲みやすくしている要素と思われますが、安全性に関しては問題無いとされている成分です。甘味料については敏感になっているという人も多いと聞きます。アスパルテームやアセスルファムカリウムなどは絶対に摂らないと徹底しているという人もいるのではないでしょうか。

還元パラチノースは比較的安全とされている部類の甘味料ではありますが、「キシリトールなども一切摂らない!」と徹底している人であれば、避けた方がいいかもしれませんね。それ以外の人であれば全く問題ありません。

【詳細記事】

シボヘールの成分について原材料の1つ1つを紐解いていく

 

安全性の問題は無し!

たった3ヶ月間飲むだけで、ピンポン球約7個分もの内臓脂肪が減ると言われているシボヘールですが、副作用や危険性は一切ありません

私が使用した時はそれなりに運動も取り入れましたけど、それにしてもお腹の脂肪と体重がガンガン減っていったので、「これはヤバイ成分が入っているんじゃないか?」とも思いましたが、効果が現れ始めたのは2ヶ月目以降でしたし、その後の体調も全く問題ありませんでした。

血液検査の結果も正常値に戻りましたので、メタボにお悩みの方はぜひともこの機会に試してみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

  • シボヘールに危険な成分や副作用はない
  • 驚くくらいお腹周りの脂肪が落ちるが、それは葛の花抽出物の効果

何度も書きますが、シボヘールに危険な成分や副作用は一切ありません。そして、驚くようにお腹の脂肪が落ちていっても、それは葛の花抽出物の効果によるものですので安心してください。

他にも葛の花由来イソフラボンを使用したサプリメントは多数ありますが、ランニングコスト的に頭1つ分飛び出て安いのがシボヘールで、私の経験上オススメしているのもシボヘールです。

お腹の脂肪が気になるという人、健康診断の結果が芳しくないという人は、シボヘールを試してみてはいかがでしょうか?初回購入者限定で980円です。今すぐ公式サイトへGO!!

 

【公式ページはコチラ】

シボヘール

アドセンス

アドセンス

-シボヘール

Copyright© アヒー女の憂鬱 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.