見栄は恥だがtactical

アヒー女の憂鬱

シボヘール

ぽっこりお腹の解消に抜群の効果!シボヘールで楽々ダイエット

更新日:

二の腕や足など太ったら気になるという部分は少なくありませんが、なんと言っても1番気になるのは「ぽっこりお腹」ですよね。

お腹が出ているだけで年齢も高く見られてしまいますし、見た目的にも不健康そのものです。「できることなら、この溜まりに溜まったお腹の脂肪を取っ払ってしまいたい!」と思っている人も多いのではないでしょうか。

今回は、そんなぽっこりお腹に悩んでいる人へ向けて、お腹の脂肪にピンポイントで働きかけてくれるスーパーアイテム「シボヘール」についてご紹介したいと思います。

シボヘールとは?

シボヘールとは「葛の花由来イソフラボンの力を使って、お腹の脂肪に直接働きかけてくれる機能性表示食品」のことです。

ドラッグストアに溢れているようなダイエット系サプリメントとは少し趣向が異なり、BMIが高めで、俗に言うメタボで悩んでいる人のために開発されたスーパーアイテムと言っていいでしょう。

このシボヘールは、臨床実験において「お腹の脂肪が3ヶ月で平均20㎠減少したという驚くべき結果」を残しています。

この20㎠というのは内臓脂肪が8㎠で残りが皮下脂肪なのですが、そんな数値を言われてもいまいちピンときませんよね?「それって結局、どのくらいなの?」って思うじゃないですか?

 

ピンポン球約7個分の脂肪がごっそり!

なんと内臓脂肪分だけでピンポン球約7個分だそうです。・・・すごくないですか?ちなみに無理なダイエットをしたわけでもなければ、食事を抜いたというわけでもありません。

例えば、RAZAP某ダイエットジムでは何十万円という受講料もそうですが、慣れていない人にとっては泣きたくなるレベルの筋トレと、何のために生きているのかを見失うくらいの食事制限を求められていしまいます。

一言で表現するなら「そりゃ痩せて当然!」というような苦行の末、CMで見るような完成形に至っているわけで、時間が取れる人(そして何十万円という受講料をポンと出せる人)であればいいですが、そうでもなければ難しい部分も少なくありません。

 

シボヘールは飲むだけで食事制限不要

一方のシボヘールは、単純に「飲むだけ」です。もちろん運動や食事制限も一緒に取り入れることで、更に効率の良いダイエット・減量ができますが、お腹が出てきたと思う人が片手間に飲むだけで嬉しい効果が得られるという優れ物です。

後述していますが、臨床実験において「シボヘールを服用したグループ」と「シボヘールを服用していない方のグループ」を3ヶ月に渡って比較しています。これがまぁ衝撃的なんですよ!

同じような食事を食べて同じような運動をしたにも関わらず、シボヘール使用組は順調にお腹の脂肪が減ったのに対し、シボヘールを使用していないグループは体重の増減もなければウエストに大きな変化も見られなかったって言うんですから、これはシボヘールの凄まじい効果を目の当たりにしたと言っていいでしょう。

 

シボヘールの圧倒的効果!

  • BMI25~30の肥満気味な被験者が対象
  • 臨床試験を行う期間は3ヶ月間
  • 食事は1日あたり2000kcal、運動は1日あたり9000歩

シボヘールの機能性を証明した臨床試験の内容は、上記の通りです。特に食事制限をしたわけでもなければ、強制的に運動をしたというわけでもありません

シボヘールを使用していないデータ(薄紫)も3ヶ月で15㎠の脂肪量が減っていますが、これは実験期間中に1日平均9000歩程度の運動をしている影響と思われます。

 

歩数に注目してみる

参照:http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10904750-Kenkoukyoku-Gantaisakukenkouzoushinka/kekkagaiyou.pdf

一応、全体の平均値から見ると成人男性で7194歩、成人女性で6991歩としたデータが厚生労働省から発表されていますので、普段から全く歩かない層が平均より少し多く動くようにした結果が出たのかもしれませんね。

しかし、それでも平均に2000歩上乗せしただけです。「最低でも30分のランニング」などを強いられた結果ではありませんので、いかにシボヘールの効果が発揮されているかがお分かりになるでしょう。

 

摂取カロリーに注目してみる

一方で、シボヘールの臨床実験では1日あたり2000kcal程度の摂取を目安としていますが、これも特に食事制限をしているという数値ではありません。

参照:http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10904750-Kenkoukyoku-Gantaisakukenkouzoushinka/0000041955.pdf

厚生労働省が発表した年齢別の推定エネルギー必要量は、上記の表のようになります。赤枠で囲んだ部分が、身体活動レベルを3段階に分けた際の「普通」になるので、いわゆる平均値と考えていただいて結構です。

例えば30歳以降の男性でも2650kcalですので、ビール500mlと唐揚げ5個程度をセーブするだけで2000kcalになりますし、実際の臨床試験の被験者には女性もいたはずですから、結果に対する条件はもう少し甘くなるのではないかと思います。

 

ウエストと体重の減少は?

3ヶ月の臨床実験によると脂肪量は20㎠減ということでした。では、その際のウエストと体重の増減はどうなったのでしょうか。上記の図をご覧ください。ウエストが約1㎝減で体重も約1kg減という結果になっています。

なんだか脂肪量の時は衝撃的でしたが、ウエストと体重にして見ると大したことがないような気もしますよね。ただし、この結果は「ただシボヘールを飲むだけ」で得られた効果だということは忘れないでください。

恐らく脂肪量だけでウエストも体重も減らしているので、どれだけピンポイントでお腹のお肉に働きかけているかがお分かりになるかと思います。ただ飲むだけで体重1kg分のお腹の脂肪がなくなるんですよ?これってすごいことですよね。

ちなみに私が実際に使用した際は、運動も取り入れましたが3ヶ月で10kg以上の体重減と10cm以上ウエストも細くなりました。努力しなくてもシボヘールを飲むだけである程度の効果が期待できますが、ここに運動を取り入れることで効率良くお腹の脂肪を撃退することも可能です。

 

【公式ページはコチラ】

シボヘール


シボヘールで痩せるメカニズム

詳しくは後述していますが、シボヘールは機能性表示食品の1つです。機能性表示食品とは、ただ何となく痩せるというものではなく、ちゃんとした科学的根拠によってその効果が裏付けされているものになります。

では、シボヘールを飲むことで身体に起きる変化とは一体どのようなものなのでしょうか。以下で、詳しく紐解いていきたいと思います。

 

脂肪合成の抑制をサポート

葛の花由来イソフラボンは、中性脂肪の合成を抑制する働きをサポートしてくれます。イソフラボンは動脈硬化の予防にも効果的であると言われているので、もしかすると血液がサラサラになる(血中の中性脂肪値が下がる)ことが関係しているのかもしれません。

これは体重を減らすというよりも、これ以上太らなくするという意味合いです。今大人気のトクホ飲料みたいな効果が得られると考えて問題ないでしょう。脂肪は車でいうところのガソリンみたいなものですから、新たにガソリンを補充しないように働きかけてくれるということですね。

 

脂肪の分解をサポート

葛の花由来イソフラボンは、脂肪を分解する働きをサポートしてくれます。

本来であれば、体温を上昇させなければならない場合や運動をしている場合に、体脂肪が燃焼されやすい状態(遊離脂肪酸とグリセロールに分解される)になるのですが、この分解の作業を円滑化することによって脂肪が燃焼しやすい状況を作ってくれるんです。

いわゆる準備運動のような効果が得られるため、体が温まっている状況を作ってくれます。何もしていない状況と比較すると、遥かに脂肪が燃焼しやすくなると言えるでしょう。

 

脂肪の燃焼をサポート

葛の花由来イソフラボンは、脂肪の燃焼をサポートしてくれます。上の方で脂肪はガソリンだというような表現をしましたが、脂肪の燃焼をサポートするということは「自分の身体を燃費の悪い車のようにしてくれる」とお考えください。

リッターあたり何十kmも走れるような車も理想的ですけど、自分の体を車に置き換えたら脂肪(ガソリン)を撒き散らして走るくらいの車の方が魅力的ですよね?

葛の花由来イソフラボンには、褐色脂肪細胞と呼ばれる「首の後ろや脇の下、肩甲骨付近などにある細胞」を活性化させる効果があり、それによって消費カロリーを高くしてくれることが報告されています。

褐色脂肪細胞は、脂肪の一種ですが体重を減らすのには重要な役割を持っていて、例えば寒い日に体温を保つために熱を発生させるのは褐色脂肪細胞の働きによるものです。そう考えると、水泳の消費カロリーが大きいのは、この褐色脂肪細胞の働きによる部分があるのかもしれませんね。

実は、年齢を重ねるに連れて太りやすくなってしまう原因の1つも、この褐色脂肪細胞にあります。30代の頃はまだそこまでの減少は見られませんが、40代になるとその量は一気に減少してしまい、顕著に基礎代謝の低下を感じてしまうことでしょう。

もちろん、自身が持つ筋肉量や生活習慣にも起因していますが、年齢を重ねることによってどうしようもない部分も出てきてしまうため、このどうしようもない部分をシボヘールで補うことが非常に効果的です。

 

【公式ページはコチラ】

シボヘール


機能性表示食品を選ぶことの意味

機能性表示食品とは?

まずは機能性表示食品が何かについて簡単にご説明しますね。本当に簡単に言うと「科学的な根拠があるもの」のことです。意外と知られていないのですが、世の中に出回っているサプリメントの中には、機能性表示商品でないものも多数存在しています。

注意深く商品パッケージや商品紹介ページを見ていると分かるんですけど、機能性表示商品でないものは「~のような効果が期待できます」などの曖昧な表現をしているケースが多いです。

それに、どれも似たり寄ったりの効果をアピールしてきて、最終的には「個人差があります」ですから、私たち消費者は「どれを選ぶのが正解かわからない!」と悩んでしまうんですよね。

そんな時は機能性表示食品を選びましょう。科学的な根拠がしっかり証明されているので、同じ「個人差があります」でも説得力が違いますよ。

【関連記事】

シボヘールに見る機能性表示食品のすごさとは?

 

機能性表示食品のメリット

  • 安全であることはもちろん、その効果に対し科学的な根拠がある
  • 特定保健用食品と比べて安価で入手できるものが多い

個人的に思う「機能性表示食品の大きなメリット」は、上記の2項目です。

まず「体感的なものでなく、しっかりとした科学的な根拠がある」という点です。「なんかよくわからないけど、痩せるみたいだよ?」というような、怪しい商品じゃないんですよね。

ちゃんと「〇〇という成分が内臓脂肪の分解を促進して~」というような効果が科学的に証明されているので、本当に効果があるのかどうか疑わしい酵素ドリンク色んな商品とは比べ物にならない説得力を持っていると言っていいでしょう。

参照:http://www.caa.go.jp/foods/pdf/150810_1.pdf

また、似たような食品の中に特定保健用食品(トクホ)というものも存在します。トクホも当然ながら科学的な根拠が認められているのですが、トクホと機能性表示食品の違いは「その機能性の有無に関して、どこが責任を持つか」という点です。

トクホは国が責任を持つのに対し、機能性表示食品は事業者が責任を持つことになっています。機能性の有無の判断はどちらも消費者庁が判断しているのに対し、トクホは国が責任を持ち、機能性表示食品は事業者が責任を持つというカタチになっているんですよね。

というのも、トクホの称号を得るためには「国に認定してもらわなければならない」ため、2年ほどの認定期間を要する他、莫大な資金を要します。なので、トクホは例外なく高いはずです。

機能性表示食品の中には、申請さえすればトクホになれるという商品も少なくないことが予想されますが、トクホになってしまうとどれも値上がりしてしまう可能性もあり、安価で購入できる商品が多いというのも機能性表示食品の強みと言えるでしょう。

 

使用者の声、口コミ

例えば公式サイトに掲載されているような口コミは、総じて良い意見ばかりです。これでは実際の使用者の声を聞いているとは言い難いでしょう。私自身、シボヘールは非常に良い商品だと思っていますが「1日4粒のところを1粒にしてくれ!」という小さな不満はありますからね。

というわけで、以下では良い口コミばかりではなく、悪い口コミも掲載したいと思いますので、宜しければ参考にしてみてください(口コミの良し悪しについては、5段階評価で☆4~5を良い口コミ、☆1~2を悪い口コミとして紹介しています)。

【関連記事】

シボヘールの口コミを徹底チェック!評判は良い?悪い?

 

悪い口コミ

【53歳女性/158cm/使用1ヶ月/67kg→67kg】

使用者
広告をみて飲み始めました。名前がなかなか受ける、と思ったので、大きな期待もしなかったのは正直なところです。
真面目に飲まなかったせいもありますが、ほとんど効果は感じられません。
メールで直ぐに止められたのはよかったです。

 

【55歳女性/157cm/使用4ヶ月/64kg→66kg】

使用者
ホルモンのバランスのせいか、どんどん体重が増えるので使用しました。
効果があるとされる3ヶ月試しましたが何の効果もなく、逆に体重は増えました。
体重増加は単に自分の運動不足と食べ過ぎですがこれを飲んでいるという気の緩みもあったかもしれません。
個人差があるとは思いますが私自身は全く何の実感も変化もなく残念でした。

 

【34歳女性/152cm/使用期間2ヶ月/56kg→57kg】

使用者
体重が減るのは期待してなかったけど…お腹周りがスッキリするかなと思って飲んでたけど、全然効果が現れる気配なし。体重も増えてるし。3ヶ月使用しないと効果ないとのことですが、期待出来ないのでもう止めようかと思っています。

 

良い口コミ

【45歳女性/163cm/使用2ヶ月/65kg→64kg】

使用者
お腹回りが気になるので飲み始めました。飲み始めて2ヶ月ですが、体重の変化は誤差の範囲
食事制限はしてません。
飲み始める時に採寸していなかったので数値の変化はわかりませんがベルトなしで履いていたパンツが歩くとずれるようになりました。もう少し続けます。

 

【51歳女性/155cm/使用3ヶ月/60kg→59kg】

使用者
お腹の脂肪を減らす為に購入しました。
1日4粒飲むだけとあったので、毎朝の食後に飲んでいましたが、結果は2ヶ月でウエスト周りが8cm減少、体脂肪率も5%減少、しかし体重の減少はまったくありませんでした。

 

【59歳女性/155cm/使用5ヶ月/54kg→51kg】

使用者
簡単で飲みやすかったです!価格の安さもいいですねぇぇ!
あとは…気長に、軽い運動もあるともっと効率いいのかも?
なかなか数字に表れないとき『ダメかなぁぁ』と思ったけど商品の説明サイトなどで長い期間が必要みたいだったので頑張ってみました!

 

最安値で購入する方法

Amazon、楽天などでの販売は無し

試しに「シボヘール」で検索してみても、Amazonや楽天を始めとするネットショップでは取り扱いがありません。

後述していますが、もしAmazonなどで購入できたとしても、公式ページで購入することで初回が大幅割引を受けられて、更に2回目以降の定期割引も受けられるので、断然公式WEBページからの購入がお得ですよ。

【関連記事】

損したくない人は必見!シボヘールを最安値で購入する方法

 

WEB限定で初回980円!

初回購入者限定で、公式ページから購入すると初回の1ヶ月分が送料と消費税込みで980円にて購入することができます。

商品自体は「スッキリライフ通販」というWEBサイトでも取り扱いがされていますが、そこで購入しても割引は受けられませんので、必ずシボヘール直通の公式サイトから購入しましょう。

 

【公式ページはコチラ】

シボヘール

 

3ヶ月以上の継続が〇

臨床実験を行った期間が3ヶ月ということもあり、メーカーの方では最低でも3ヶ月試してもらえるように案内しています。私自身、最初の1ヶ月は「本当にこれ、効いてるのかな?」と思っていましたが、2ヶ月目以降から面白いくらい効果が出てきたので、最初の1ヶ月でやめちゃうのは勿体ないなぁと思いますね。

3ヶ月試したとしても、類似商品と比較して金額は全然高くありませんし、定期購入における「最低〇回は購入しなければならない」という縛りが一切ないため、簡単に解約することも可能です。最初の1ヶ月で「4粒飲むのが面倒!」と感じたら、すぐに解約できるので安心してください。

ただし、こういった脂肪燃焼系のダイエットサポートサプリメントは、1日当たり100円を超える商品がザラにあるんですけど、シボヘールは機能性表示食品でありながらも、1日あたりのコストは100円を下回ります

さらに公式ページで購入することで、初回購入者の場合はなんと980円っていうんですから、これは試さないわけにはいかないでしょう。ぽっこりお腹に悩んでいる人は、今がチャンスです!

 

安全面について、副作用など

機能性表示食品自体が安全であることを前提に、その機能を科学的に証明できるもの」なので、安全面に関しては問題ないでしょう(疾患を抱えている方、未成年者、妊娠している方、授乳中の方はこの限りではありません)。

私自身、過去に3ヶ月使用した実績がありますが、その後の健康診断などで悪影響が出たということも無く、メタボ解消と共に血液検査の結果も改善されましたよ。

 

主成分について

一応、シボヘールの成分1つ1つを詳しく調査してみましたが、基本的には「葛の花由来イソフラボンとその仲間たち」というような内容です。

葛の花由来イソフラボン以外の成分は、葛の花イソフラボンの成分が変質したりしないように、そして飲みやすくなるように工夫されているだけの成分でした。

シボヘールは1日あたり4粒と定められており、「大量に摂取すればそれだけ効果が現れる」というものでもないため、しっかりと摂取量を守っている限りは問題ないでしょう。

【関連記事】

シボヘールの成分について原材料の1つ1つを紐解いていく

 

葛の花由来イソフラボンと大豆イソフラボンの違い

女性の中には「大豆イソフラボンのサプリメントを飲んだことがあるけど、その時は痩せなかった!」という人もいるかもしれません。確かにイソフラボンと言えば、大豆イソフラボンの方が圧倒的に知名度を誇っていると言っても過言ではないですからね。

実はこの葛の花由来イソフラボンと大豆イソフラボンなんですが、同じイソフラボンであるにも関わらず役割はかなり違います

大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た構想をしていて、PMSや生理不順などに効果があるとされていますが、葛の花由来イソフラボンはお腹の脂肪に特化した効果を持っているので、「お腹のお肉をなんとかしたい!」という場合は、同じイソフラボンでも葛の花由来イソフラボンを選ぶ必要があるんです。

 

まとめ

  • シボヘールには「脂肪の合成を抑制する効果」「脂肪の分解をサポートする効果」「脂肪の燃焼をサポートする効果」が科学的な根拠のもと、証明されている
  • 1日あたり100円以下のローコストで、初回は980円という大特価!

個人的には、下手なダイエットサポート食品よりも断然オススメです。私も実際に使用したことがあるのですが、運動と併用することでみるみる脂肪が減少していく様子がわかったので、機能性表示食品の名はダテじゃないと思います。

日常生活にプラスするだけなのであれば3ヶ月は様子見したいところですが、運動と併せて使用する場合は1ヶ月でも十分に効果が実感できると思いますよ。ポッコリお腹が気になるという人は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

【公式ページはコチラ】

シボヘール

アドセンス

アドセンス

-シボヘール

Copyright© アヒー女の憂鬱 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.