見栄は恥だがtactical

アヒー女の憂鬱

シボヘール

脂肪肝を治す方法は「シボヘール+運動」が最強でオススメ!

更新日:

健康診断の時期が近付くと憂鬱になるという人も少なくないと思いますが、私は20代で1度、そして30代で1度「脂肪肝」と診断されました。

20代の頃は自覚症状も血液検査の異常もなく、体格的にも痩せていたので「脂肪肝だってー」と言いながら笑っていましたが、30代で診断された脂肪肝では「手のかゆみ」を始めとする自覚症状と、チェック項目だらけの血液検査の結果を突き付けられ、本気でヤバイと実感したものです。

今回は、そんな私が脂肪肝を治すために取り組んだ数々の対策の中から、唯一3ヶ月に渡って実践できた「シボヘール+運動」という対策法をみなさまにオススメしたいと思います。

シボヘールとは?

シボヘールとは初月980円で、2ヶ月目以降も1日あたり100円以下というコスパを誇っている機能性表示食品です。科学的な根拠に基づいて、お腹の脂肪に働きかけてくれる効果が報告されています。

私にとって2度目の脂肪肝の時は、もう明らかにメタボという体格をしていましたので、「とりあえずお腹周りの脂肪を何とかしなくては!」と思って、シボヘールを飲み始めたのですが、それが結果的に脂肪肝の改善にも繋がりました。

詳しい情報は別記事にまとめていますので、ぜひ覗いてみてください。

【関連記事】

ぽっこりお腹の解消に抜群の効果!シボヘールで楽々ダイエット

 

シボヘール+運動が脂肪肝の改善に効果的な理由

以下では、シボヘール+運動がなぜ脂肪肝に対して効果的なのかについて、具体的に掘り下げていきたいと思います。

内臓脂肪を減少させるのがキー

脂肪肝と言うのは、分かりやすく言うと「肝臓に脂肪が付いて、フォアグラ状態になっている」ことを指します。健常者でも数%の脂肪は付いている肝臓に、一定のラインを超えた脂肪が付いてしまうと脂肪肝と診断されるようです。

この脂肪を取っ払うことが重要で、メタボな人なら「お腹周りのお肉を減らす」ということが脂肪肝の解消にも繋がりますし、体系的には痩せているという人の場合は「内臓脂肪を減少させる」ことが重要だと言えるでしょう。

 

シボヘールが持つ3つの効果

  • 脂肪の分解をサポートする効果
  • 脂肪の燃焼をサポートする効果
  • 脂肪の合成を抑制する効果

シボヘールには上記のような3つの効果があると報告されています。脂肪をエネルギーとして使用するための「分解」、そして実際にエネルギーとして使用する「燃焼」という工程では、有酸素運動と組み合わせることで、その効果がより大きく発揮されるでしょう。

特に脂肪肝のような内臓脂肪に関しては、皮下脂肪と比較すると「付きやすくて、落ちやすい」とも言われており、そこまで落とすのが大変なものでもありません(気を抜くとすぐ付いちゃいますけどね)。

運動だけでも効果がありますしシボヘールだけでも効果が期待できますが、その両方を同時に実践することで、より高い効果が得られますよ。

 

シボヘールは3ヶ月間で内臓脂肪をグンと減らす

シボヘールは、3ヶ月の間にピンポン球約7個分に相当する内臓脂肪を減らすというデータが出ています。ちなみにこの間は「1日2000kcal、1日9000歩」という条件で行われているので、厚生労働省が発表している成人の1日あたりの平均歩数が7000歩前後ですから、普段よりちょっと20分くらい多く歩けば条件を満たすという緩さです。

オフィスや買い物に行った際に階段を使用するだけで十分カバーできる運動量ですので、誰もが簡単に行えるでしょう。

 

内臓脂肪=普通預金

脂肪には内臓脂肪と皮下脂肪があるのですが、この2つは貯金に例えられることが多いです。「カロリー=お金」と考えると、カロリーを摂りすぎると貯金(脂肪)は増えていくという理屈が分かりやすいですよね。

このとき、内臓脂肪はしばしば「普通預金」に例えられるんですよ。一方の皮下脂肪は「定期預金」となっているのですが、この例えの真意は内臓脂肪は引き出しやすい(落としやすい)という意味で使用されています。

「じゃあ、ジャンジャンお金(脂肪)を使いましょう!」ということで、運動するのが手っ取り早いです。元々、脂肪肝だと診断されるような人は、ほとんど運動の習慣がないという人ばかりだと思います。私も1日あたりの歩数なんか2000歩とかそのくらいでしたから。

そんな人が運動をし始めたら・・・あとは言わなくてもわかりますよね?すぐに貯金は空になると思いますよ。

 

なぜシボヘールなのか

運動が効果的なのは誰しもが理解できる部分だと思います。ただ、「なぜシボヘールなのか?」という疑問がある人もいるのではないでしょうか。ハッキリ言って「脂肪の燃焼を促進してくれる効果があるなら何でもOK」です。

よくあるアミノ酸とかL-カルニチンとかの燃焼系サプリメントでも問題ありません。ただ、今回は痩せるということではなく、あくまで脂肪肝の改善を目的としていますので「どうせなら内臓脂肪に働きかけてくれる方がいいなぁ」という目論見もあるんですよね。

シボヘールは葛の花抽出物をメインとしており、この葛の花抽出物がお腹周りの脂肪に働きかけてくれる効果があると報告されています。つまりここで、葛の花抽出物を含むサプリメントが望ましいという判断をしました。

葛の花抽出物を含むサプリメントはたくさん存在します。ただし、それら1つ1つを比べると「コスト」「実績」などからシボヘールに行き着くと思いますよ。他の商品はコストが高いし、定期購入の縛りとかもあって、ちょっとややこしそうでしたから。

 

まとめ

  • 脂肪肝の改善には「シボヘール+運動」が超オススメ
  • 自分で思っているよりも簡単に脂肪肝は治る

脂肪肝は最近になって急激に患者数も増えていて、ほとんどの人が初期症状もないので軽視しがちです。簡単に治るって言っちゃうと「じゃあ後回しにしよう!」という人も出てくるかもしれませんが、これが慢性的になっていくと重病に繋がる恐れもありますので、早めに対策しておきましょう。

私は「シボヘール+有酸素運動」で、わずか3ヶ月で10kg以上の減量に成功し、脂肪肝も血液検査の結果も改善されました。今でも健康的な体になれたのは、間違いなく当時頑張ったおかげだと思っています。飽きっぽい私でもできた方法なので、みなさんにもオススメです。ぜひ試してみてください。

 

【最安値の購入ページはコチラ】

シボヘール

アドセンス

アドセンス

-シボヘール

Copyright© アヒー女の憂鬱 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.