見栄は恥だがtactical

アヒー女の憂鬱

ダイエット論

ライザップに幻想を抱くよりもコツコツやってみませんか?

更新日:

ダイエットの話題になると必ずと言っていいほど出てくるのが「ライザップ」です。あれは上手いことやりましたね。インパクトのあるCMといい、タレントさんとのタイアップといい、非常に上手くできていると思います。

それを見た女子なら、誰もが「あー、自分でもライザップなら痩せられるかも・・・」という幻想を抱くことでしょう。結論から先に言うと「たぶん誰でも痩せられる」と思います。「お前は石油王かっ!」ってくらい、お金に無頓着な人意外なら痩せられること間違いありません。

ただ、決していいことばかりではないので、今回はライザップ批判にならない程度に「ライザップに幻想を抱くのはやめませんか?」ということを簡単に書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

ライザップがなぜ痩せられるのか

  • 高額な受講料
  • 徹底した食事管理とトレーニング
  • 常にトレーナーの監視下

始めに言っておきますが、私自身はライザップを経験したわけではありません。

しかし、体験せずとも「ライザップで痩せられる理由」くらいはわかります。というか、これで痩せない人はいないでしょう。

 

高額な受講料

例えば食べ放題や飲み放題に行ったとき、「もうお腹一杯!」って思ってからが勝負みたいなとこありませんか?よほどお金に無頓着な人以外、心のどこかに「元を取りたい」って意識が働くと思うんですよね。

ライザップって何十万って受講料が掛かるじゃないですか?一介のOLからしたら、軽々ポーンと出せるような金額ではありません。だからこそ「失敗したら損!」という意識が働きます。

私もそうですけど人間って「損得勘定をさせたら、自力を遥かに引き上げることができる生き物」だと思うんですよ。「絶対に成功してやる!」みたいな。

だから、よほどのお金持ちでもなければ、切羽詰まった末に何十万というお金を惜しみつつもライザップを頼ることになります。いわば断崖絶壁に立っているような状態です。それをプロが支援してくれるんですから、成功率は高くて当然です。

 

徹底した食事管理とトレーニング

ライザップで監修したコンビニメニューって見たことありますか?確かファミマだったかな?パンとかにライザップのロゴが入ってて、一時は「これで痩せられるんじゃない?」みたいな噂も流れましたけど・・・。

まずライザップでは、あんなものに許可は降りません。徹底して糖質、脂質をカットすると思うので、間食なんて論外ですし、主食の炭水化物(ごはん、パン、麺類)は許可が出ないんじゃないでしょうか(事実はちょっとわかりません)。

ブランパンとかならOKが出るのかな?いずれにしても、内容を見たら「そら、痩せるわい」って内容だと思いますよ。間違いなく、普通の「お菓子大好き!炭水化物大好き!(30代OL)」じゃ耐えられません。

まぁ何十万って大金をはたいた「スーパー切羽詰まった30代OL」ならイケるかもしれませんけど。

 

常にトレーナーの監視下

これも非常によくできたシステムで、多少の当たり外れはあるのかもしれませんけど、大体が爽やかな印象のトレーナーさんだと思うんです。確か自分で外れ引いたと思ったら、交代してもらうこともできたはず。

ビジネス上とは言え、信頼関係が築けるんですよ。だって自分は「切羽詰まって、それでも痩せたい一心で、数ヶ月分の生活費に相当するお金を払って辿り着いた」わけですから、そんな時に「大丈夫ですよ、私が痩せさせます!一緒に頑張りましょう!」なんて笑顔で言われたら、そりゃ大半のトレーナーさんがイケメンに見えますって。

そして同時に「この人の期待を裏切っちゃだめだ」ともなります。毎日食べたものを報告しなきゃいけませんけど、向こうはプロですから嘘をついたら速攻でバレますし、嘘なんかついたらトレーナーさんの信頼も受講料も失いかねません。・・・そりゃ痩せるわい。

 

ライザップで理想の身体を手に入れた後

スポンサーリンク

アドセンス

リバウンドが君を待っている!

ライザップで理想の身体を手に入れた直後は「絶対にもう太らないようにしよう!」って心に決めると思うんですよ。ただ、その中の多くはリバウンドに苦しむと思います。

正確な統計を取ったわけじゃありませんが、そもそもが「徹底した食事管理とトレーニング」「危機感を持って真剣になっている受講者」「親身になって(いるフリをして)絶対的に協力してくれるプロと二人三脚」で初めて痩せることができたわけです。

その全てがなくなった今、もはや痩せるどころか今の体型を維持できる理由すらないことに気付きませんか?

 

炭水化物がメチャクチャ美味しい!

糖質完全カットのダイエットなら、実は私も数ヶ月間やったことがあるんですよ。私は「チャーハンをおかずにご飯を食べる」くらい炭水化物が好きなので、自分では絶対に無理だと思っていました。

最初はもちろんキツイです。でも1週間~2週間くらいしたら、それが当たりまえになってくるので、意外といけるんですよね。もちろん、目の前でラーメンを食べられたりするのは厳しいですけど、お家で鶏肉とサラダを食べながらも満足感が得られる体質に変わります。

ただ、その後に炭水化物を食べたときの美味しさったらないです。そして「せっかく痩せたんだから、少しくらい食べてもいいよね?」が習慣化されていき、気付いたら神奈川一のリバウンド王になっています(スラムダンク参照)。

 

最後に

ライザップは痩せるべくして痩せさせてくれていますが、それはビジネスパートナーだからであり、その契約期間が終わってしまってからは、以前より無防備になってしまう人も少なくないと思います。

私には、どこか「野生動物を保護して、3ヶ月後に自然に帰す」というイメージがあるんですよね。「人間に慣れてしまった動物が再び自然界で生きていけるのか?」的な。

「お尻を叩かれないとできない人」「そこそこお金がある人」の選択肢としてはいいでしょうけど、少なくとも「ライザップを終えた後も頑張れる人」でない限りは、通うべきではないと思いますね。表面上の幻想に囚われないことが、大事だと思います。

アドセンス

アドセンス

-ダイエット論

Copyright© アヒー女の憂鬱 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.