見栄は恥だがtactical

アヒー女の憂鬱

健康

血液をサラサラにする為のたった5つの改善策

更新日:

数年前、血液検査の結果で高脂血症と診断されて以来、ずっと「血液をサラサラにする方法」に取り組んできました。最初に始めたのはEPAと呼ばれるサプリメントを摂取することから始めたんですよね。

結果、なんとか2年の歳月を経て高脂血症は改善されたのですが、結局「サプリメントだけを摂っても意味がないんだなぁ」という結論に達しました。サプリメントは確かに便利なアイテムですが、やはり普段の食事や生活習慣を見直さなければ意味が無いみたいです。

というわけで今回は、私が高脂血症を改善するために取り組んだ「血液をサラサラにする為のたった5つの改善策」について、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

血液がドロドロになってしまうと?

血液は私たちの体の中を絶え間なくめぐり続け、全身の細胞に対して必要な栄養や酸素を届けるだけでなく、不要な老廃物を回収するという重要な役割を果たしています。そんな血液は川の流れと一緒で「サラサラ」であることが望ましいと言えるでしょう。

サラサラの血液であればスムーズに血管を流れることができるため、理想の健康状態を手に入れることができますが、逆に血液がドロドロになってしまった場合はどうでしょう。全身の隅々まで血液が届きにくくなるため、冷え性や肩こりを始めとする大きな問題を抱えてしまうかもしれません。

更には「動脈硬化」や「心筋梗塞」などの大きな問題に繋がってしまう可能性もあるため、日々の生活から血液をサラサラにしていくための取り組みに励んでいくことが必要です。

 

こんな人は要注意!

  1. 運動不足だ
  2. 外食する機会が多い
  3. 肩こりや腰痛を抱えている
  4. 脂っこいものや甘いものが大好き
  5. お酒を飲む
  6. タバコを吸う

上記の複数の項目を見ていただければ分かるかと思いますが、血液のサラサラ加減は普段の食生活や運動しているかなどの「生活習慣」に大きく影響しています。

バランスの良い食事と適度な運動を毎日心がけているという人であれば、どんなに年齢を重ねても血液がサラサラであるという方も少なくありません。逆に言えば、いくら若くても偏った食事や運動不足によって、血液がドロドロになってしまっている可能性は十二分に考えられるということです。

上記の項目に複数当てはまるという人は、もしかすると血液ドロドロ予備軍になっている可能性があります。どんな疾病にも言えることですが、取り返しのつかないことになってしまう前に予防することが最も有効な対策です。

以下では血液をサラサラにするために、誰でも簡単に取り組める5つの方法について書いていくので、宜しければ取り組んでみてください。

 

血液をサラサラにするための5つの対策

食べ過ぎに注意する

何でもそうですが、限度を超えてしまうのはよくありません。特に食べ過ぎは肥満などにも繋がり、血中の中性脂肪を増やす要因になってしまいます。

炭水化物や甘い物を食べ過ぎてしまうという人の場合は、血中に過剰なまでに糖が増え、血管を劣化させる要因へと繋がってしまうでしょう。脂っこい食べ物を食べ過ぎてしまうという人は、悪玉コレステロールなんかの影響も受けやすいです。

悪玉コレステロールは肝臓に取り込まれにくく血液中にとどまる時間が長くなるため、必然的に血液もドロドロになってしまうことになります。

栄養面でももちろんそうですが、こういった偏った食事の摂り過ぎを防止するためにも野菜を食べたり、バランスの良い食事を取り入れるということが重要です。

スポンサーリンク

アドセンス

有酸素運動をする

運動をすることで血糖値や中性脂肪の量、コレステロール値などのバランスが改善されるので、サラサラの血液を目指すうえでは「有酸素運動」が欠かせません。適度に運動することで、エネルギーと共に血中の中性脂肪やコレステロールが消費できます。

なにも「汗をかくだけ走ろう!」と言っているわけではなく、最初は身体への負担が少ないウォーキングからで十分です。「少し遠回りしてお家に帰ろう」とかその程度のことでも構いません。とにかく身体を動かすことを習慣化させるということが重要です。

 

禁煙&お酒の飲み過ぎに注意する

今や凄まじい勢いで分煙化が進んでいて、喫煙者は淘汰されてしまうくらいの勢いを感じます。私も以前までタバコを吸っていましたが、タバコを辞めてから5年以上が経過しました。辞めてから数ヶ月の時点で、肌のハリが戻ったり切り傷などの治りが早いのを実感したのは、今でも鮮明に覚えています。

やはりタバコは「百害あって一利なし」と言われるだけあって、美容や健康に多大なる影響を与えてしまうと言わざるを得ません。中性脂肪の合成を促進する効果もあるので、手遅れになる前に禁煙に取り組むのが得策でしょう。

お酒に関しても、適量であればタバコに比べてそこまで大きな影響はありませんが、やはり飲み過ぎは良くありません。肥満に繋がる可能性も高いので、限度を守って付き合っていくのが理想です。

スポンサーリンク

アドセンス

ストレス発散をする

ストレスを感じると血圧が上昇し、血管に負担を与えてしまいます。仕事などで抱えたストレスを発散することは体にも良いことなので、積極的に取り入れていきましょう。具体的には趣味でもショッピングでも何でも結構ですが、そのストレスが「暴飲暴食」に向いてしまうことだけは注意してください。

上の方でも書きましたが、適度に運動することはストレス解消だけでなく健康にも繋がりますし、お金も掛からず誰でも簡単に始められるのでオススメです。

 

サラサラにするための栄養を積極的に摂る

「バランスの良い食事って簡単に言うけど、血液をサラサラにする栄養って何なの?」という人は、ネバネバ食材や青魚を積極的に摂るといいかもしれません。

日本が誇るスーパーフード「納豆」にはナットウキナーゼと呼ばれる酵素を含んでいて、それには血栓を溶かす作用があると言われています。

また、サバやイワシなどの青魚には、DHAやEPAといった血中の悪玉コレステロールや中性脂肪に直接働きかける栄養が豊富に含まれているため、これらも積極的に摂っていくといいでしょう。しかし、基本はあくまでバランスの良い食事であるという点だけは忘れないようにしてください。

 

まとめ

血液をサラサラにする方法ということで書いてきましたが、至って当たり前のことですよね。例えどんなに体に良いものだとしても、過剰に摂り過ぎればそれは毒にもなりかねません。

ダチョウ倶楽部の寺門ジモンさんが健康志向のあまり、青汁を飲み過ぎて体調を壊したというのは有名な話ですよね?(←有名じゃないかも)

とにかく食べ過ぎに注意しながら、適度に体を動かしつつ、必要に応じてサプリメント等でカバーしてあげれば、きっとサラサラの血液になれると思いますよ。ぜひこれを機会に、サラサラ血液を目指して頑張っていきましょう!

アドセンス

アドセンス

-健康

Copyright© アヒー女の憂鬱 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.