見栄は恥だがtactical

アヒー女の憂鬱

健康

理想のスタイルになるためには無視できない腸内フローラとは?

更新日:

最近、さまざまな場所で「腸内フローラ」という単語を見たり聞いたりするようになりました。普段からヨーグルトなどを始めとする乳製品を好んで口にするという人であれば、聞いたことがあるという人も少なくないでしょう。

しかしそれ以外の人にとっては「腸内フローラって何?」という感じではないでしょうか。そこで今回は「腸内フローラ」について、できるだけ簡単に、できるだけ分かりやすく書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

腸内フローラとは?

人間の腸内には数多くの種類の細菌(100種類以上、100兆個以上)が生息しており、それらを顕微鏡で覗くとまるでお花畑(flora)のように見えることから腸内フローラと呼ばれています。一般的に腸内フローラと言われたら、腸内環境のバランスと思っていただいて結構です。

腸内フローラは生活習慣や年齢によって大きく異なるため、その生態系は人それぞれと言えるでしょう。腸内フローラにも当然「好ましい状況」「好ましくない状況」がありますので、それらを変えてやるには生活習慣の改善や食事の見直しなどが有効とされています。

 

腸内フローラの構成

  • 善玉菌
  • 悪玉菌
  • 日和見菌

腸内フローラは上記3種類の菌で構成されており、理想の割合は「善玉菌:悪玉菌:日和菌=2:1:7」とされています。

それでは、それぞれの菌の特徴を調べていきましょう。

 

善玉菌

腸内環境を良くするだけでなく私たちの健康に良い影響を与えてくれる存在とされていて、不足してしまうと腸内環境が悪化し、便秘になってしまいます。

野菜をあまり食べず、脂っこい食べ物が好きだという人の場合は、この善玉菌が不足している可能性があるので注意が必要です。また、お通じの状況があまり良くない人も同様です。

善玉菌の中でも有名なのが「乳酸菌」「ビフィズス菌」で、これを含むヨーグルトや乳酸菌飲料は手軽に善玉菌を補給する方法として非常に効果的と言われています。他にも食物繊維やオリゴ糖、グルコン酸なども有効です。

 

悪玉菌

食生活の乱れやストレスなどによって増加する悪玉菌は、私たちの健康に悪影響を及ぼすことで有名です。

基本的には「善玉菌が増える→悪玉菌が減る」「善玉菌が減る→悪玉菌が増える」と思って差し支えないので、前項にも書いた乳酸菌やビフィズス菌などを、積極的に摂取していくことで善玉菌を増やせば、必然的に悪玉菌の減少にも繋がります。

 

日和見菌

腸内環境と聞けば「善玉菌vs悪玉菌」という二大勢力によるせめぎ合いのように思えますが、実はこの日和見菌という傍観者が1番多い割合を占めています。

日和見菌は「善玉菌と悪玉菌の強い方に味方をする」という特徴があるため、善玉菌が勝っているときはいいのですが、不規則な生活などが原因で悪玉菌が勝ってしまうという状況を作ると厄介です。一気に悪玉菌が優勢の状況になってしまい、私たちの身体にとって悪影響をもたらすことでしょう。

スポンサーリンク

アドセンス

腸内フローラのバランスが崩れてしまうと・・・?

  • 便秘
  • 肌荒れ
  • 肩こり・・・etc

腸内フローラのバランスが崩れてしまうと、腸内環境が悪化します。1番わかりやすいのは便秘ですね。腸の活動効率が落ちるために起こってしまう弊害です。

その影響は便秘だけに留まらず、代謝の悪化や必要な栄養素の吸収を阻害することにも繋がるため、肌荒れや肩こりを始め、老化にも繋がるとされています。

 

腸内環境を良くするには?

  • 食事の栄養バランスを考える
  • 水溶性食物繊維と適度な水分の摂取
  • 適度な運動と十分な睡眠

腸内環境を良くするには、規則正しい生活や最適な栄養バランスが重要です。それらの条件をクリアしたうえで初めてヨーグルトなどのチカラを借りるのが重要であり、乱れた生活習慣の中でもヨーグルトを食べていれば良いというものではありません。

腸内環境は身体の免疫力を高めるのに重要だとされていますし、身体にとって良いことを心掛ければ腸内フローラも良い状況になっていくでしょう。

 

まとめ

  • 健康や美容の第一歩は腸内フローラのバランスを整えること
  • 腸内フローラのバランスを整えるには、健康的に望ましい行動が重要

健康な生活を送るためには腸内フローラを正常な状態に保つことが重要ですが、腸内フローラを正常な状態に保つためには健康的な生活を送ることが必要です。

しかしどうしても足りない栄養価がでてきたり、あるいは運動不足になってしまうことも十分考えられるでしょう。そんな時はヨーグルトなどの頼もしいアイテムを有効に使って、少しでも腸内環境の改善に努めることが重要です。

便秘に陥ってしまうと代謝が悪くなり肌などへの二次被害も考えられるので、腸内環境に気を遣って過ごしてみてはいかがでしょうか。

アドセンス

アドセンス

-健康

Copyright© アヒー女の憂鬱 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.