見栄は恥だがtactical

アヒー女の憂鬱

お風呂 赤ちゃん

赤ちゃんとママに嬉しい入浴剤!Babytabを紹介します

更新日:

産まれて間もない赤ちゃんは食べ物など口に入る物はもちろんのこと、身に付けるものなど1つ1つに気を遣ってるママ&パパも多いことと思います。しかし赤ちゃんはデリケートなので、どれだけ気を遣っても「気を遣いすぎ」だということは絶対にありません

今回ご紹介するのは、赤ちゃんの肌トラブルに特化している「Babytab(ベビタブ)」という入浴剤です。とにかく赤ちゃんのデリケートな肌にも合うように考えて作られた商品で、世の中のママたちから長きにわたって支持され続けている商品なんですよね。

もし「ぬるま湯に入れてるけど、いまいちお尻の汚れが落とせていない」と感じていたり、「オムツかぶれのケアに悩んでいる」という方がいれば、是非ともオススメしたいアイテムの1つです。というわけで今回は、赤ちゃんとママたちに大人気の入浴剤「ベビタブ」についてのご紹介です。

スポンサーリンク

アドセンス

Babytab(ベビタブ)とは?

とにかく赤ちゃんのデリケートな肌に優しい成分だけを集めて作られた入浴剤です。無香料、無着色はもちろん、肌バリア(※1)を壊さない入浴剤として多くのママたちから支持されています。

1999年には「ママを応援する入浴剤」ということで受賞しており、以降は数々のメディアで紹介されてきた実績のある入浴剤と言っても過言ではありません。

※1:いわゆる「肌の潤い」と呼ばれているような、肌に必要な水分や必要最低限の皮脂のことを指します。

 

Babytabの驚くべき効果の数々

肌がスベスベ

意外と知られていないのが「残留塩素」の存在です。水道水は飲めるように消毒が施されてから各家庭の水道に流れてくるのですが、その水の中に含まれている「残留塩素」は肌や髪の毛にダメージを与えるものとして広く知られています。

大人であればそこまで大きな影響を受けませんが、デリケートな肌をしている赤ちゃんからすると非常に大きなストレスになりかねません。できることならストレスの感じない優しいお湯で洗ってあげたいですよね?

Babytabはそんなママたちからの要望に応えるかのように「水道水に含まれている残量塩素を中和して、ほぼゼロにする」という働きを持っています。限りなく刺激物の少ない水へと変えてくれるので、赤ちゃんのデリケートな肌にも優しい入浴剤です。

 

身体がポカポカ

重炭酸イオンの働きによって湯上り後のポカポカが持続し、血流の促進が促されます。ただでさえ女性は低血圧の方が多いので、冬はもちろん夏場も湯船に浸かるのが理想です。

夏場は赤ちゃんも汗をかきやすくなっていますし、冷たい食べ物やジュースを飲んでお腹を壊してしまうケースもあるでしょう。そんなときにはベビタブで重炭酸温浴法を取り入れてみてはいかがでしょうか?

夜もぐっすり眠れる効果が見込めますし、まさに一石二鳥です。そういう意味では、赤ちゃんだけでなくママにとっても嬉しい入浴剤かもしれません。

 

気分もスッキリ

炭酸ガスによる温浴効果により血行が促進されるため、心身ともにリフレッシュすることができるでしょう。

クエン酸やビタミンCの働きによって角質も落とすことができ、肌の潤い維持にも最適です。

 

無香料、無着色のこだわり

入浴剤には「楽しませる」というコンセプトを持った商品が多いため、湯上り後もしばらくイイ香りが持続するように香料を多く使用していたり、視覚的に楽しめるように派手に着色している商品も少なくありません。

個人的には嫌いじゃありませんが、どうしても敏感肌の人には向かない物も多く、ましてや赤ちゃんを入れるお風呂に使用するなんてもっての外です。そのため、オーガニック製品にこだわりを持っているユーザーも本当に多いと思います。

ベビタブは無香料、無着色のこだわりを持っている商品ですので、多くの使用者から満足の声が寄せられているのが特徴です。入浴剤のレビューには「私には合いませんでした」という声が散見されるのが常ですが、ベビタブにおいてそのような声は聞こえてきません。

 

様々な使用方法

ベビタブは錠剤タイプの入浴剤なので、粉末タイプと違ってお風呂がまばらになってしまうこともありませんし、粉が舞って掃除の手間が増えてしまう心配もありません。

また、用途に応じて使用する錠数が異なるので、目的に応じて使い分けることも可能です。以下では、主に2パターンの使用方法についてご説明します。

 

普段のお風呂には3錠

赤ちゃんだけのお風呂ではなく、大人の入浴を考慮する場合は160リットルにつき3錠の使用が望ましいです。肌がスベスベになるなどの美容効果も見込め、重炭酸イオンの恩恵が十分に受けられますよ。

夏場の使用には湯温をやや低めに設定して半身浴するのもいいですね。血行促進やデトックス効果による「むくみ解消」なども期待できるでしょう。

 

残留塩素の除去には1錠

「赤ちゃんだけお風呂に入れよう」というケースの場合は、160リットルに対し1錠入れるだけで、残留塩素の除去だけを狙った使い方も可能です。

残留塩素がなくなるだけでも、お湯自体が柔らかくなったような感覚になり、肌へのストレスも極めて低くなります。

市販されているお尻ふきの場合ですと成分はもちろんですが、拭くという行為だけで赤ちゃんの肌には負担が掛かるので、残留塩素を除去したぬるま湯で洗ってあげるのが理想だと言えるでしょう。

 

浴槽や給湯器を傷める心配は?

ベビタブは赤ちゃんのデリケートな肌をターゲットに作られた商品なので、人間の体内に最も近いとされているpH7の中性にこだわって作られた商品です。また、その成分はすべて天然成分に由来するものなので、浴槽の材質に関係なく影響はほとんどないと思われます。

給湯機に関しても同様に、機器を傷めてしまうイオウ成分などは含まれていませんので、追い炊き機能が付いている給湯器でも安心してお使いいただけるでしょう。

 

まとめ

「肌に優しい」と「汚れが落とせる」が両立した優しい入浴剤は、他にはないと思います。周りのママたちにもお裾分けしたこともあるのですが、その後で「あれってどこで売ってるの?」と聞かれるケースも多い商品です。

赤ちゃんだけでなく、小さいお子さんと一緒にお風呂に入る際や敏感肌の人も安心して使用できる商品で、安心できてかつ保湿効果の高い商品だと思います。興味のある方はぜひ使用してみてください。

 

アドセンス

アドセンス

-お風呂, 赤ちゃん

Copyright© アヒー女の憂鬱 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.